本サイトにはプロモーションが含まれることがあります

BIMオペレーターは未経験でもなれる?求人は?今なら就職チャンスあり!!

BIMオペレーターは未経験歓迎の求人が多い!?今なら就職チャンスあり!! BIM・CIMオペレーターの仕事・年収
スポンサーリンク

建築テックやDX(デジタルトランスフォーメーション)の流れに乗り、建築業界で注目されているソフトにBIMがあります。

BIMとはBuilding Information Modelingの略で、建築業界での次世代CADのような位置づけとなっています。

これは新しい技術であり、日本の様々な課題を解決するともいわれているだけに国を挙げて導入を推進しています。

それだけにBIMオペレーターという職種は今現在、求人も多く、にも関わらずBIMオペレーターの数が少ないという売り手市場の状態です。

BIMオペレーターになるために特に資格などはいりません。

未経験者でも熱意をしっかり持っていれば、採用されることも多いですが建築系の仕事なので専門用語に精通しているほうが有利なのは間違いありません。

今回は、そのBIM業界の動向や、求人の見つけ方などをご紹介したいと思います。

編集長
編集長

BIMオペレーターは未経験でもチャンスがある職業だと思います!

スポンサーリンク

BIM業界の動向

BIM業界の動向

国土交通省では2023年までにBIM/CIMの完全移行を掲げています。

これはもともと2025年だった目標をコロナの影響もあり2年前倒ししています。

BIMは3Dモデルに材料のコストや種類、属性などの情報を付与することで後工程の様々ま作業を自動化することが可能で、今後日本が抱えているベテラン労働者の定年による労働力不足の解決策の一つとしてBIMを推進しています。

以下の記事は国土交通省のBIM戦略の詳細です。

企業数社へのBIM導入アンケートの結果や今後のBIM需要について書かれています。

BIMオペレーターは未経験でもなれる?求人が多い!?

BIMオペレーターは未経験歓迎の求人が多い!?

あとにもおすすめ求人サイトをご紹介したいと思いますが、求人サイトを見ているとBIMオペレーターの求人には未経験歓迎というか、未経験OKというのが目立ちます。

これはまだBIMオペレーター人口が少ないため、就職後、企業内研修をしてでも人が欲しいという表れなのだと思います。

確かに未経験といっても年齢にもよるとは思いますが、20代、30代前半ぐらいだと全くの未経験でも就職できる可能性が高いです。

逆に40代50代にチャンスがないのか?というとそういうわけではないと思います。

未経験にも、業界未経験、職種未経験などいくつか種類があります。

  1. 業界未経験・・・建築業界の経験はないが、CADの経験があるケース
  2. 職種未経験・・・BIMやCADは使ったことがないが建築業界の経験はあるケース
  3. 未経験・・・業界、職種どちらも経験がない。

業界未経験の場合、3DCADを使っていた人ならBIMと共通するところも多いので有利でしょう。

職種未経験の場合、建築業界の専門用語や仕事のやり方などは経験があるので、BIMの使い方さえ覚えてしまえば問題ないでしょう。

なので40代、50代だからといって悲観的になることはありません。

今はBIMも書籍やネットのコンテンツで独学も可能ですし、資格もいくつか出始めていますので、このあたりは努力でカバーし、面接時に上手くアピールすることができるでしょう。

BIMオペレーター未経験なら大企業がオススメ

ゼネコンや大手設計事務所などの大企業がBIM導入が進んでいるからといって人材が豊富にいるかというとそうではありません。

求人サイトを見ているとまだまだ大企業もBIMオペの採用を継続しています。

大企業の良いところは、ある程度、教育体制やマニュアルなどもそろっていて人が変わっても回る仕組みが確立されています。

またベテラン人材も多いことから新人を育てる体力もあります。

中小企業だと即戦力になってもらいたいことから逆に未経験だと取りづらいところもあるでしょう。

まだBIM未導入の中小企業が多い

先にご紹介した国土交通省のBIM戦略を見ると、まだ中小企業へのBIM導入が少ないのが分かります。

未導入の主な理由を見ると以下があります。

  • BIMデータの納品を要求されていない
  • CADで現状の仕事が回っている
  • BIM導入コストや人材育成コストがかかる

今、BIMを導入しているのはゼネコンや大手の設計事務所などです。

たた、もしゼネコンや大手設計事務所がBIMを当たり前のように使い、BIMデータでないと仕事が回らなくなった時は、関連企業や下請けにもBIMデータでの納品必須を要求してくる可能性は大きいです。

なので中小企業でも今のうちからBIM導入を検討すべきだと思いますし、求人を見ていると中小企業も積極的にBIMオペレーターを募集しているのを目にします。

したがって、特に経験のあるBIMオペレーターにとっては今がチャンスというわけです。

BIMオペレーターは時給が高め

BIMオペレーターは時給が高め

BIMオペレーターやCADオペレーターは求人数も比較的多くかつ他の事務などと比べても専門職ということで時給が高い傾向にあります。

私が複数の求人サイトで時給を調べてみると1400円~2500円といった感じで幅が広い時給ですが、他の事務系の仕事に比べて確かに時給は高い傾向にあります。

BIMオペレーターは在宅勤務も可能

BIMオペレーターはCADと同様に在宅勤務可能な求人が多いです。

未経験の方の場合、最初から在宅勤務は難しいと思いますが、実力をつけ自分一人で仕事をこなせるようになると在宅勤務も可能でしょう。

働く時間を自分でフレキシブルに変えられ、特に子育て中の主婦の方は嬉しい働き方なのではないでしょうか?

BIMオペレーターの転職・就職のおすすめ求人サイト

BIMオペレーターの転職・就職のおすすめ求人サイト

BIMの求人サイトは沢山ありますが、働き方のスタイル別に以下がおすすめです。

建築業界でBIMを使ったワンランク上の転職を専門アドバイザーに相談し、自分に合った転職先を探してもらうなら建築転職RSGコンストラクションエージェントといった建築専門の転職エージェントがおすすめです。

建築転職

建築系技術者に特化した転職エージェントです。アドバイザーは、建築関連の国家資格者が中心であるため、求職者と求人企業のニーズを正確に把握することができます。サイトにアクセスするとチャット形式でスムーズに登録できるので便利です。

専門アドバイザーに相談して、BIMにこだわらすCADも含めて幅広い業界で自分に合った転職先を探してもらうならDodaです。

doda

3Dクリエイター系の案件が多い転職サイトならdoda。アドバイザーが相談に乗ってくれる転職エージェントサービスもありますよ。

仕事に占めるウェイトをそこそこに、ただBIMに特化して派遣社員として働きたい場合は、リクナビ派遣です。

会員登録することで、自分の好みの求人検索を保存しておき、新着があればメールが届くようにもできます。

会員登録は無料なので、やっておいて損はないでしょう!

リクナビ派遣

全国の派遣の仕事を横断的に検索できるサービスでBIMやCADの派遣求人が非常に多いです。会員登録することで、自分の好みの求人検索を保存しておき、新着があればメールが届くようにもできます。

これらのサイトにはエージェントといって自分の就職に相談に乗っていくれる人が多く在籍しています。

いろんな成功事例を知っていると思うので、まずは登録無料し、相談するところからスタートすることをオススメします。

以下にそれぞれの転職エージェントや転職サイトについての詳細を紹介しています。

本当は秘密にしたい!建築CAD/BIMオペレーターにおすすめの建築特化の転職エージェント8選
今回ご紹介するのは建築のCADオペレーターにおすすめの建築に特化した転職サイトや転職エージェントです。やはり業界に精通しているからこそ、転職する側の仕事内容も理解できますし、その上で最適な会社を紹介してくれるというものです。最新技術のBIMやCIMの仕事も理解してくれるでしょう。
【決定版】CADオペレーターが選んだオススメ転職サイトやエージェント!年収アップ3つのコツ
CADオペレーターの仕事は案件も多く、一般の事務より時給が高いこともあり人気があります。しかし会社によっては仕事のやり方や待遇が大きく違うのも事実。そこで今回は当サイトの執筆者たちの経験も元にCADオペレーターにおすすめの転職サイトや、その種類、それらをフル活用し、転職を成功させるポイントなどをご紹介したいと思います。
2024年版 CADオペレーター向けの派遣会社おすすめを都道府県別にご紹介
派遣会社にもCAD派遣に強いところ、更には特定地域に強いところ、があります。一番良いのはご自分が住んでいる地域でCAD派遣に強い会社に登録するのが希望の仕事を早く見つけるためにはおすすめです。そこで、日本の都道府県別にCADオペレーターの派遣に強い会社を求人数、スキルアップ支援制度、働きやすさでまとめてみました。

求人サイトではないですが、もし今現在の自分の市場価値を知りたい場合はミイダスというサイトがおすすめです。

ミイダスの質問に答えていくだけで自分の強みや適性な仕事、自分の市場価値が分かります。

そして、その診断結果をもとに企業からオファーを受けることも可能になっています。

BIMオペレーターの大変なところは?

BIMオペレーターがバラ色かというと人によっては辛いと感じるところもあるでしょう。

以下は現役のBIMオペレーター3人のかたが語る辛く、大変なところになります。

基本的にはCADオペレーターと同じような感じだと思います。

辛く、大変なところもありますが、そこは仕事でもありますし、以下の理由から克服している方が多いイメージです。

  • 他よりも給料面が良い
  • 建造物建設に携われやりがいを感じる
  • 新しい技術で国も推進しているので社会貢献を感じる

BIM未経験者におすすめの独学方法

BIMの独学方法

BIMは以下のようないくつか代表的なソフトがあります。

  • Autodesk社のRevit
  • GRAPHISOFT社のArchiCAD
  • 福井コンピュータ社のGLOOBE

最近では各ソフトの開発元がソフトの使い方を学べる無料チュートリアルなども用意されています。

これが無料?と言いたくなるほどの完成度です。

その他、以下のようなBIMに特化した資格も整備されてきたので挑戦してみるのも良いでしょう。

  • Revit Architecture ユーザー試験
  • ARCHICAD オンライン認定試験
  • BIM個人資格認定試験

このように以前に比べると格段にBIMの独学環境が整いつつあります。

以下の記事に、上記含めオススメ書籍やBIMソフトの無料体験版情報などをまとめてありますので参考にしていただければと思います。

BIM未経験者が学べるおすすめスクール

独学でなく、誰かからBIMを学びたい場合は、スクールに通うことが良いでしょう。

最初のうちは何が分からないかが分からないという状態だと思うので、BIMを体系的に教えてもらえたり、分からないことをすぐそばにいる人に聞けたら嬉しいでしょう。

ただBIMに特化したスクールはCADスクールのように多くないのが現状です。

Revitを学べるスクールを挙げると以下があります。

  • Winスクール
  • ヒューマンアカデミー

気になるかたは、まず無料相談や資料請求などしてみると良いでしょう。

とにかく短期間で人気BIMソフトのRevitやArchiCAD、Vectorworksを学びたい人は、Winスクールがおすすめです。

他にはヒューマンアカデミーもありますね。

BIMスクールは以下の記事にもまとめてありますので参考にしていただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はBIMオペレーターの職種は今、注目されているにも関わらず、オペレーターの数が足りていないのが現状です。

今後は中小企業での導入も加速していくことも考えると、未経験者や40代、50代にもチャンスがあると思っています。

ただ今はコロナの影響で応募が多いので、いずれにせよ、早めに動き始めることが重要です。

まずは転職エージェントに登録するのは無料なので、まずはここから始めてみることをおすすめします。

CADオペレーターの悩みや相談はこちらまで

友だち追加

この記事を書いた人
編集長

当サイトの記事はデジタルエンジニアリング業界に20年以上従事している編集長とCADオペレーターやCGクリエイターの現役、経験者が書いています。CADやCGで悩みがある方はコメントくださいね!

編集長をフォローする



BIM・CIMオペレーターの仕事・年収
編集長をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました